自転車操業は避けよう。

自転車操業は避けよう。

返済できない人の経緯はどんな感じなんでしょうか?おそらくそのほとんどの人が、「1回だけ、今だけ借りよう。」と心に誓って初めてのキャッシングをしたと思います。
ただ、利用してみてそのあまりにも便利が良いことに驚き、それ以来、あとちょっと、あとちょっと、とキャッシングを繰り返すようになります。このころには、当初の返済シュミレーションはどこへやら。そして遂に、自分の返済能力以上のキャッシングの領域へと入ってしまいます。こうなってしまうと、もう自分の力だけでは返済はデキなくなってしまっていますので、他のお財布、つまり他会社のカードローンを始めます。しかし、返済金額が大幅に減る訳でもなく、借り入れる金額にも限度があるため、一言でいうと、「自転車操業」的な借金生活に入ってしまう、というわけです。
気づいた時には、経済的に火の車になってしまい、ついには自己破産申請をしなければならなくなってしまう状況に。と、この状況は「お金に取りつかれた」状況。自分がお金を使っているのではなく、お金に使われている状況になってしまいます。これでは、有意義なお金の使い方、とは到底言えませんよね。お金は計画的に、使いましょう。