人は金なり

人は金なり

人間関係はお金では買えません。時は金なりならぬ、「人は金なり」いえ、あえて言うなら「人は金以上なり」です。
「金の切れ目が縁の切れ目」と昔から言われているように、お金が絡むと人間関係は実にもろく壊れていまいます。お金って、簡単に人の心を変えてしまう、とっても怖いモノです。魔力と言いますか、威力と言いますか・・・。だからこそ、お金に心を奪われてしまって、周りが見えなくなってしまうようなことがないようにしなければいけません。
一夜にして大金を手に入れる、という状況の最たるものは、「宝くじ」ですよね。過去にも、宝くじで一攫千金を手に入れて、生活が一変してしまった人は沢山います。このことからも、お金には、不思議な魔力が存在しているという事がお分かり頂けるのではないかな、と思います。さて、カードローンのオハナシに戻り、この魔力にそそのかされることがない様にするにはどうしたらよいか。これはもう前出でも口を酸っぱくして(?)言っていますが、「お金に使われるな」ということです。自分がしっかりした計画性と強い意思をもって、このお金を使っているという認識をもちましょう。これさえ守れば、カードローンは人生の強い味方になるんです。